ささやかな習慣☆良かったこと嬉しかったことを毎日書きとどめてみて感じたこと

★良かったことを書きとどめる

毎日の生活の中で

良かったこと嬉しかったこと感動したことを

メモに残しています

凄くテンションの上がったことから

小さくてもじんわりと心温かくなったことなど

とにかく自分の気持ちが感動したことを残しています


★幸福感に差がある

でも時々書き忘れることがあります

そんな日が数日続くと

“幸福感に差がある”ことに気がつきました!

幸福に感じる出来事も少なくなっていくように感じます


それを私なりに分析してみました(^^)

良かったことを書いている間は

その幸福感をもう一度味わっていて


忘れた頃にそれを読み返している間は

幸福感が蘇ってきて

その過去の幸福に感じた気持ちを抱いたまま

次の幸福を味わう予感が生まれて

心が明るくなる


その明るくなった心のままでいると

本当に良いことが起こる

というかより感じられるように

より良いことに気づけるようになっていく

という気がしています


もしかしたら私は放っておくと

心が重いと感じたことをためてしまうのかもしれません

だから、心が晴れるような明るくなるような習慣が必要なのかな

★人には人の習慣?

人には人の乳酸菌があるように

体も心も皆んな違うから

ひとりひとりに合う習慣もきっと違いますよね

自分だけに合う習慣を見つけるって楽しいです

でもそれに気がつくきっかけは人から頂いていたりするので

自分のおかげでもあって、人様のおかげでもありますね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA